Serviceボディコーティング

BODY COATINGボディコーティング

輝く太陽・緑の樹木・美しい鳥・爽やかな風、
気持ちのいい自然の中を颯爽と愛車を駆る、気持ちはレッドゾーンへ。
しかし大地や大気中にはクルマのボディにとって天敵がイッパイ。
鉄粉・ピッチ・タール・樹液・鳥糞など塗装面にダメージを与える
さまざまな物質が存在するのです。
そんな危険から大切な車を守り保護するのがプロのコーティングです。
鉄粉等の汚染物質の除去、丹念な細部の洗浄、
塗装面の光沢復元(研磨)により見違える輝きを取り戻し、
高性能なコーティング剤でボディを保護することで、美しさを長期間保ちます。
クオリティーの高い技術をぜひ一度体験してみてください。

ガラスコーティング

最高な艶の演出と最適な塗装保護の両立!!


ガラスコーティングは、自然な艶と光沢がでると同時に、頑丈な被膜で長期間、酸化劣化からボディを守ってくれます。車のコーティングではNo.1です!!

ガラスコーティングイメージ1

ワックスがけなどの艶だしをする必要がなく、艶々なボディをキープできます。
また、水を弾きホコリや花粉などによる汚れの付着を軽減するため、自浄能力が高いです。
無機質ガラスコーティングは、ガラス系コーティング(有機質)と異なり、ガラスコーティング(無機質)は有機物を全く含まない無機質溶剤を使用します。
ボディに塗布された無機質溶剤は、空気中の水分と化学反応を起こし無機質のSiO2(石英ガラス)被膜に変化し、頑丈に固まります。
圧倒的な耐久力を持つガラスコーティング(無機質)は、全く有機物を含まないため紫外線劣化がなく、酸にも強いのです。
例えば有機物とは、タイヤ・塗装・内張りなど車のあらゆるパーツに使用されており、時間が経つと自然とその形が劣化して壊れていきます。
ボディは無機質の金属ですが、錆の進捗により劣化します。
唯一車で経年劣化がなく原型をとどめるのは、ガラスなのです
ガラスコーティング被膜は圧倒的に硬く、耐久性は3年~5年程度。

ガラスコーティングイメージ2
ガラスコーティングイメージ3
メンテナンスの重要性

耐久性に優れたガラスコーティングでも、摩擦・衝撃・ボディのねじれなどの物理的なダメージによって劣化していきます。
また、コーティングの本来の機能を損なう、ミネラルの付着やその他阻害要素を、1年に1度などの定期メンテナンスで、施工したての元の状態に戻してあげることができます。
【ガラスコーティングのメリット&デメリット】
艶々しく汚れにくいボディを演出してくれます。
紫外線からボディ塗装の色あせを保護してくれると同時に、洗車傷やひっかき傷が付きにくくなります。
また、ポリマーやワックスに比べて堅い被膜く耐久期間が長いです。

メリット
  1. 耐久期間が長い
  2. ポリマーやワックスに比べて堅い被膜
  3. 汚れにくい
  4. 普段の洗車が楽
  5. 紫外線からのボディの色あせを保護
  6. 洗車傷やひっかき傷が付きにくい
デメリット
  1. 高額
  2. 施工時間が長い
  3. メンテナンスが必要
  4. 施工難易度が高い

Process

PROCESS01

ボディチェック&塗装の検査

まず初めに塗装の具合,キズの状態を確認します。車種、経年劣化等により塗装面はそれぞれ異なりますので各部を入念にチェックして、作業指示書に記入します。お客様のご要望をヒヤリングし、十分に理解したうえで作業を開始します。

ボディチェック&塗装の検査
PROCESS02

ボディ、ホイール、タイヤハウス洗浄

まずボディ全体を洗浄します。ホイール、タイヤハウスに付着したブレーキダストや黒鉛、鉄粉などのガンコな汚れは、各種専用ケミカルを使いわけ念入りに洗浄します。

ボディ、ホイール、タイヤハウス洗浄
PROCESS03

鉄粉除去

輸入車やスポーティーな車にはブレーキから発生する多くのブレーキダスト(鉄粉)が付着しています。鉄粉も確実に取り除かないと磨きの際に・・・入念に取り除きます。

鉄粉除去
PROCESS04

マスキング

マスキングも重要な作業の一つです。 マスキングの技術一つでクオリティーにも影響を及ぼします。

マスキング
PROCESS05

研磨作業

簡単そうでとっても奥の深い磨き作業。研磨剤、バフ、機械のコラボレーションが崩れるとすべてが台無しになるとっても重要な作業です。

研磨作業
PROCESS06

脱脂洗浄・脱脂

脱脂方法も数多くありますが、入念に時間をかけて中性脱脂シャンプーにより脱脂作業を行います。すすぎにはイオン交換器による純水を使用します。

脱脂洗浄・脱脂
PROCESS07

コーティング前の乾燥

コーティング性能を大きく左右する施工前の完全乾燥。しっかりと時間をかけて入念に乾燥。

コーティング前の乾燥
PROCESS08

コーティング塗りこみ作業

コティング剤と硬化剤を混ぜ合わせ、パネルごとに作業を進めて行きます。施工から硬化までが速いので、迅速な作業と経験値が「仕上がり・性能」を大きく左右します。

コーティング塗りこみ作業
PROCESS09

納車前の内装仕上げ

窓ガラス・室内清掃を行いお客様の気分もスッキリ!!納車までがとても楽しみです!

納車前の内装仕上げ

Price

国産車
G'ZOX
リアルガラスコート
G'ZOX
ハイドロフィニッシュ
ソフト99
ハイモースコート
デフェンデル
Type F
Nシリーズ・ekワゴン・ワゴンR・ミラ・ピクシスエポック ジョイ・コペン等
¥56,000 ¥56,000 ¥126,000 ¥67,200
バモス・軽ワンボックス・NVAN
¥58,000 ¥58,000 ¥136,500 ¥75,600
ヤリス・マーチ・フィット・ロードスター・スイフト・ブーン等
¥68,000 ¥68,000 ¥157,000 ¥84,000
カローラアクシオ・ノート・プリウス・アリオン等
¥75,000 ¥75,000 ¥168,000 ¥92,400
カローラフィールダー・レクサスIS・ブルーバードシルフィ・シャトル・アクセラ・インプレッサ・レガシィ・SX4・カローラツーリング等
¥80,000 ¥80,000 ¥168,000 ¥108,000
アイシス・マークX・レクサスGS・ティアナ・アテンザ・プレマシー・シエンタ等
¥88,000 ¥88,000 ¥178,500 ¥117,000
RAV4・レクサスLS・フーガ・CR-V・エクストレイル・ハリアー等
¥94,000 ¥94,000 ¥189,000 ¥126,000
ノア/ヴォクシー・エスクァイア・エスティマ・ステップワゴン等
¥100,000 ¥100,000 ¥189,000 ¥134,400
アルファード・エルグランド・ランドクルーザー等
¥115,000 ¥115,000 ¥210,000 ¥142,800
ハイエース・グランエース等
¥115,000~ ¥115,000~ ¥215,000~ ¥142,800~

※価格はすべて税別

輸入車
G'ZOX
リアルガラスコート
G'ZOX
ハイドロフィニッシュ
ソフト99
ハイモースコート
デフェンデル
Type F
MINI・フィアット500....等
¥78,000 ¥78,000 ¥147,000 ¥92,700
M.Benz SLK・BMWZ4・VWポロ・スマートフォーフォー....等
¥85,000 ¥85,000 ¥147,000 ¥108,000
M.Benz Aクラス・BMW 1シリーズ・VWビートル・アウディA3・アルファロメオ147....等
¥95,000 ¥95,000 ¥157,500 ¥118,800
M.Benz Cクラス・BMW 3シリーズ・VWゴルフ/ジェッタ・アウディA4・ジャガーX-Typeセダン・ボルボ V50....等
¥100,000 ¥100,000 ¥178,500 ¥140,400
M.Benz Sクラスショート・BMW 5シリーズ・VWトゥーラン・ジャガーXK・アストンマーチンDB9・キャディラックSTS....等
¥118,000 ¥118,000 ¥178,500 ¥151,200
M.Benz Gクラスショート・BMW 7シリーズ/X3....等
¥121,000 ¥121,000 ¥210,000 ¥162,000
BMW X5・ボルボXC90....等
¥136,000 ¥136,000 ¥210,000 ¥172,800
M.Benz Gクラスロング/Sクラスロング/Vクラス・ジャガーXJ-S・レンジローバー....等
¥143,700~ ¥143,700~ ¥210,000~ ¥183,600~

※価格はすべて税別

ヘッドライト研磨・コーティング

専用のコーティング剤を塗布することで傷や汚れ、くすみを予防しレンズの輝きを維持することができます。


街を走っていると、ヘッドライトが黄ばんでいたり、白濁りしている車を見かけるのも少なくありません。
ヘッドライトが曇ってしまうと、夜間走行時に光量が足りず、視界不良につながり大変危険です。

ヘッドライト研磨・コーティングイメージ1

ほとんどの車種のヘッドライトレンズカバーは、アクリルで作られています。アクリルはプラスチック(合成樹脂)の一種で透明度が高い素材ですが、耐候性にはあまり優れておらず、熱や紫外線の影響を受け続けると化学変化を起こして変質してしまうのです。そこで耐候性や耐久性を上げるため、カバーの外側にはコーティングが施されている場合がほとんどです。
ところがこのコーティングも樹脂系であるため、熱や紫外線には弱く、時が経つと白くにごったり黄ばんだりしてきます。
白く濁ったり黄ばみを起こしたヘッドライトは研磨で綺麗になります。
研磨後、ガラスコーティングを施工しても半年から1年程で黄ばみが再発してしまいますので本来ヘッドライトに施工してある特殊なコーティング(塗装)を施工していきます。 耐久年数は駐車環境にもよりますが3年以上となります。

ヘッドライト研磨・コーティングイメージ2
ヘッドライト研磨・コーティングイメージ3
メンテナンスの重要性

少々の曇りでも光度不足などの理由で車検が通らないといったケースが多発しています。
そのため、汚れやくすみを落として明るさを復活させるヘッドライトコーティングが増えているのです。
ヘッドライトが曇ったり黄ばんだりしていると、光量が足りずに視界不良に陥るばかりか、そのまま放置していると劣化が進行してヒビ割れを起こすケースもあります。
一度愛車をチェックしてみて、もし黄ばみやくすみが発生していたら早めのヘッドライトコーティングをお勧めいたします。

メリット
  1. 透明度が高い
  2. 耐久性が高い
  3. 飛び石などの外敵からも保護できる
デメリット
  1. 研磨のみだと劣化のペースが速くなる

Process

PROCESS01

レンズ表面の砂埃などの汚れを除去

車両に装着されたままの場合はライト周囲を丁寧にマスキングし、レンズ表面の砂埃などの汚れを除去します。

レンズ表面の砂埃などの汚れを除去
PROCESS02

劣化したハードコート層を削り取り徹底除去

独自に選定した機械式の研削ツールを使用し、劣化したハードコート層を削り取り徹底除去します。(ツールが入らない狭小な箇所は手作業になります。)

劣化したハードコート層を削り取り徹底除去
PROCESS03

目消し

目消しに2~3工程、ムラにならないようこちらも機械式の研削ツールである程度透明感が出るまで研削します。

目消し
PROCESS04

ボディ養生・静電気除去・定着剤塗布

ボディ養生・静電気除去・定着剤塗布
PROCESS05

蒸気施工

蒸気施工
PROCESS06

乾燥硬化後トップコート塗布

乾燥硬化後トップコート塗布
PROCESS07

乾燥硬化・完成

乾燥硬化・完成

Price

サイズ 価格(税別)
Sサイズ ¥24,800
Mサイズ ¥29,800
Lサイズ ¥34,800
LLサイズ ¥39,800
4灯式ヘッドライト 各サイズ+¥5,000
ヘッドライトコーティング脱着 オプション各サイズ+¥15,000

※価格はすべて税別

ホイールコーティング

過酷な環境からホイールをガード


ホイールのために開発された専用コーティングを施工することで、すぐに汚れてしまうホイールを、簡単なお手入れで綺麗な状態を保つことができます。

ホイールコーティングイメージ1

アルミホイールは、常時高温状態でピッチ・タール・ブレーキダストなどが強力に固着するため、汚れを取り除くのが困難です。このような汚れはコーティングをしていない場合、洗剤やピッチ・タール落としを使用しないとキレイになりません。
非常に薄いガラス膜を作るホイール専用コート剤を採用しております。
このガラス膜は紫外線に強く超耐久性を発揮するとともに、約700℃の熱にも耐えることができ、不燃性・耐酸性・耐透水性・耐汚染性・防錆性に優れています。
水をかけて柔らかいスポンジで軽く擦るだけで、あっという間に元の輝きが戻ります。当然、撥水効果も落ちていません。手で触った感じもツルツルのままで、ブレーキローターからの鉄粉や、ピッチ・タールなどからも保護します。

ホイールコーティングイメージ2
ホイールコーティングイメージ3
メンテナンスの重要性

車が動けばタイヤが回り、路面に落ちている小石や粉塵を跳ね上げます。水たまりがあれば水が跳ねますし、その中に油分が含まれていることもあります。
これらは車体を汚したり、傷をつける原因となりますが、中でも路面に近い位置にあるホイールは更に影響を受けやすいといえます。
一度ついた傷は簡単に修復できませんし、デザイン性の高いホイールでは隅に汚れが溜まりやすく、洗浄には時間を要します。
ホイールコーティングを施すと表面に被膜ができるため傷がつきにくく、汚れも格段に落としやすくなります。

メリット
  1. 汚れがつきにくくなる
  2. メンテナンスが楽になる
  3. ホイールにツヤが出て車が締まった印象になる
デメリット
  1. 液剤によって耐久性の差が大きい

Process

PROCESS01

ホイールを脱脂しながらをしっかりと洗浄します

ホイールを脱脂
PROCESS02

表面に付着した汚れ、鉄粉の除去します

鉄粉の除去
PROCESS03

ベースコート耐熱コーティング吹き付け施工します

コーティング
PROCESS04

拭き上げ乾燥させ、チェック致します

拭き上げ乾燥

Price

16インチまで 17~19インチ 20インチ 21インチ以上
表面のみ
¥3,900 ¥4,900 ¥5,900 ¥6,900~
スポーク系(単純形状)
¥5,900 ¥6,900 ¥8,900 ¥11,900~
ラフメッシュ系(複雑形状)
¥7,900 ¥9,900 ¥11,900 ¥14,900~

※価格はすべて税別
ホイール洗浄料を含みます。(腐食にダスト汚れなどが固着し落としきれない場合があります。)
*スポーク系=単純8本スポークまで。それ以上はラフメッシュ系となります。
*ホイール脱着1本+¥2,800~(普通車)
*2度塗り仕上げも承ります。(1本/+¥3,000~)

樹脂モールコーティング

外装樹脂部品専用ガラス系コーティング


ひときわ黒く、ひときわ強く。エクステリアを引き締めます。
艶が戻り、水を弾き、汚れ防止する効果があります。

樹脂モールコーティングイメージ1

新車のときには黒々と輝いていた樹脂部品。数年乗り続けてきた愛車の黒い樹脂パーツは、ツヤを失くし白っぽさを帯びていませんか?
未塗装樹脂外装部品にはよくある症状…。これは白化現象です。長年の太陽による熱や紫外線によって、自然劣化することは避けられません。
前後のバンパー・ドアノブ・サイドモール・トップカウル等々、使われているところは様々です。
このようなときには、「樹脂モールコーティング」がお勧めです。従来からある油脂系のツヤだし剤では得られない自然な光沢と長期に渡る持続性が特長です。また、新品のキレイな状態のうちにコーティングをしておくと、いつまでも黒々とした状態を維持し、汚れの付着を軽減します。SUVやクロスカントリーなどなどで、未塗装の樹脂パーツが多いお車には是非お勧めです。

樹脂モールコーティングイメージ2
樹脂モールコーティングイメージ3
メンテナンスの重要性

白くなって劣化のひどい場合、交換される事もある樹脂パーツですが、実はある程度の色褪せや白化は、樹脂コーティングを施工すことで本来の黒色と艶を取り戻す事が可能です。また、コーティングすることで汚れが付着しにくくなり、耐候性も付加されるため、太陽熱や紫外線に強くなり、樹脂パーツ自体の耐久性も向上します。樹脂コーティングは、新しいうちに施工すると、より長くきれいな状態を維持することができるため、新車のうちにボディーコーティングとの同時施工が一番のおすすめです。

メリット
  1. 耐候性が増す
  2. 汚れがつきにくくなる
  3. 新車のような輝きになる
デメリット
  1. 定期的に塗り直しが必要

Process

PROCESS01

マスキング

丁寧にマスキングテープを貼り保護します。樹脂パーツ以外の部分に、コーティング剤が付着しないよう大切な作業になります。

マスキング
PROCESS02

コーティング

コーティングする樹脂パーツ部分に専用脱脂剤を専用クロスに染み込ませ、丁寧に拭きあげます。

コーティング

Price

パーツ 新車(汚れなし) 中古車
カウルトップ ¥15,000~ ¥20,000~
各単品パーツ ¥3,000~ ¥18,000~

※価格はすべて税別

Works

トップへ